07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

森のキノコ 

 例年に較べて豊作なブラックベリーのシーズンもそろそろ終わりに近づいてきたようです。

代わりに、森のあちこちでキノコを沢山見かけるようになりました。


 真っ赤な色が秋の森の地面でも一際目を引くベニテングダケ。毒キノコとしてよく知られています。

これは大人の手を広げたのより少し大きい位の立派な傘を広げていました。


鮮明な赤い色が美しいベニテングタケ

湖水地方 イギリス 自然 きのこ 秋 恵み



 スリッペリー・ジャックと呼ばれる下のキノコは、スリッペリー(滑りやすい)という名前の通り、

傘の表面にぬめりがあります。帰宅してから調べてみたら、食べられるそうです。


スリッペリー・ジャック(Slippery Jack)と呼ばれる食用キノコ

湖水地方 イギリス 自然 きのこ 秋 恵み



 このホコリタケの一種は近所の森でよく見かけるもの。

これはまだ親指の頭程の大きさですが、これからどんどん大きさを増していって、

成熟すると外皮が破れて内部から胞子がホコリのように放出されます。


ホコリタケの一種

湖水地方 イギリス 自然 きのこ 秋 ホコリタケ



 他にも違う種類のキノコが沢山枯れ葉の影から頭をのぞかせています。

今年はイギリス湖水地方のキノコも当たり年なのかもしれません。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス    きのこ 
Posted on 2014/09/16 Tue. 19:21  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ブラックベリーの季節 

 今年のイギリスのカンブリア州の8月は、1919年以来最も寒い8月だそうです。

6月、7月に夏らしい天気に恵まれたものの、今週などはもう秋の気候かと思うような天気で、

最高気温が13度から15度以上に上がってくれません。


 先週、気の早い樫の木が葉の色を変え始めたのを見て驚いていたところですが、

ブラックベリーも例年よりずっと早く、既に盛りにさしかかかっているようです。


 最近外に出る時には小さな袋を携帯して熟れた実からせっせと収穫、冷凍庫に保存していますが、

先日、この秋(?)初めてのりんごとブラックベリーのクランブルを作ってみました。

クランブルは素朴なお菓子ですが、果実の美味しさがぎゅっと凝縮されて、

いかにも自然の恵みを食べているという気にさせてくれるデザートです。


りんごとブラックベリーのクランブル

湖水地方 イギリス ブラックベリー クランブル デザート



 今回は使ったブラックベリーが思ったより甘みが強かったようで、随分甘くなってしまいました…。

こういうお菓子は果物の甘みに応じて砂糖の量を調整しないといけませんね。


 ちなみに、昨年はブラックベリーについて書いた記事を10月初旬にアップしていたので、

今年はブラックベリーの時季が一ヶ月も早いようです。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: イギリス  写真  ブラックベリー  デザート  クランブル 
Posted on 2014/08/29 Fri. 04:55  edit  |  tb: 0   cm: 2  

野生のブルーベリー? 

 散策中にふと足元に小さい青いものが見えた気がして立ち止まってよく見てみると、

高させいぜい15cm程の植物にブルーベリーの赤ちゃんのような実が。

サイズは大きなものでも直径5mm程ととても小さいものの、見た目はブルーベリーにそっくり。

恐らくブルーベリーの親戚だろうと、ちょっとだけかじってみると、味もブルーベリーと同じ。

強いて言えば、ブルーベリーよりも甘みが強くて美味しいくらいでした。


 地元の人に尋ねてみると、「それはビルベリー(Bilberry)だよ」とのこと。

写真の手の大きさと比較して、どれだけ小さい実か分かるでしょうか。


ビルベリーの実

湖水地方 ラズベリー ビルベリー イギリス



色々と調べてみると、やはりブルーベリーの親戚で、寒冷湿潤な土地に自生し、

ヨーロッパ大陸や北欧でも昔からよく食用にされているそうです。


 散策中にあちこちで摘んだ野生のラズベリーと共に小皿に入れてみました。

夏の自然の恵み、色合いが美しいですね。


森で摘んだラズベリーとビルベリー

湖水地方 ラズベリー ビルベリー イギリス


category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  イギリス    ビルベリー  ラズベリー  写真 
Posted on 2014/07/30 Wed. 06:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

グーズベリーの収穫 

 グーズベリーは日本人には馴染みの薄い果物ですが、

イギリスではよく食べられる果物の一つ。

一般的には生食よりも、まだ青くて酸味の強いうちに収穫して、

ジャムやパイに使うことが多いですが、

よく熟したものを食べると、皮を噛み切ると同時に甘い汁が口の中に溢れ出します。

熟し方にもよりますが、甘みの後から酸味が追いかけてきて、爽やかな風味です。


 写真は庭で収穫したもの。大きさにばらつきがありますが、巨峰の実くらいでしょうか。

少し甘い方がいいかと長らく放置していたので、

まだ緑色が鮮やかなものもあるものの、かなり黄色みがかってきています。


グーズベリーの実

グーズベリーの実




 湖水地方はイングランド南部と比べて気温が3、4度低いので、

やはり果物の収穫時期も2週間から3週間程遅い様子ですが、

まだまだ積みきれないほど枝についているグーズベリー、、

これからおいおい収穫して冷凍庫で保存していく予定です。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス  グーズベリー  食べ物   
Posted on 2014/07/27 Sun. 06:42  edit  |  tb: 0   cm: 0  

春のウィンダミア湖畔 

 4月の上旬に書いた前回の記事から2週間の間に、日中の気温も随分上がってきました。

今年のイースター休暇だった(イースターの時期は毎年変わります)4月18日から22日の間は

湖水地方は青空が広がる良い天気に恵まれて、春を満喫することができました。


 午前中の爽やかな空気の中、ウィンダミア湖畔を散歩すると、

二週間ほど前には見かけなかった春の息吹をあちこちに見かけます。

 
 植物の詳しい名前は分かりませんが…、

この時期になると群生して地面に白いカーペットを広げてくれる可憐な白い花。



 木々も銀色の産毛に包まれた若葉を枝先に膨らませて、

木の葉ながらも「花開く」と言いたくなるような風情があります。



 太陽の明るい日差しをそのまま溜め込んで凝縮したような、

目を細めて見たくなるほど鮮やかな黄色の花を咲かせるこの植物は、

水際や湿地帯によく見かけるもの。



 しばらく植物の写真が続いてしまったので、次回は久々に風景写真を載せたいと思います。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  イギリス  ウィンダミア湖     
Posted on 2014/04/24 Thu. 03:39  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。