FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

イギリスの桜 

 関東では桜が見頃だそうですが、イギリスでも桜が満開です。

湖水地方ではあまり見当たらない桜の木ですが、

たまに庭木として植えられているのを見かけます。


 この写真を撮影した4月1日はよく晴れた小春日和。

この桜の種類は分かりませんが、淡いピンク色の、

青空が透けて見えそうな繊細な花びらが風に揺れて、

いかにも春うららといった風情でした。

イギリス 桜



 イギリスの春はそれはそれで美しいものですが、やはり日本の春とは風情が異なるもの。

この桜は、日本で春に楽しんだ様々な桜の風情を思い起こさせてくれました。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス      青空   
Posted on 2014/04/07 Mon. 04:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

水仙の花畑 

 写真整理に使っているパソコンがしばらく使えなくて、

こちらもご無沙汰してしまいましたが、やっと復活しました!


 3月も終わりに近づいて、さすがにイギリス湖水地方でも

春がやってきたと感じられる天気になりました。

今はあちこちで水仙が満開の時期を迎えています。

まだ緑が少ない茶色っぽい景色の中で、水仙の黄色い花が一層鮮やかで目を引きます。


森の中の水仙の花畑

イギリス 水仙 花畑


イギリス 水仙



 1月、2月中に撮った写真でアップしそこねてしまったものが沢山あるので、

時期がずれてしまったものの、できればこれからアップしていきたいと思います。

category: 自然風景

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  水仙    花畑    黄色 
Posted on 2014/03/29 Sat. 07:29  edit  |  tb: 0   cm: 2  

夏の花々 

 7月7日、今日は日本では七夕ですね。

今日の湖水地方は快晴。ただ、夏の今の時期は夜10時半頃まで明るいので、

天の川は夜中まで起きていないと見えないですが…。



 今日の湖水地方は恐らく今年一番の暑さだろう思われる夏らしい陽気でした。

とは言っても、恐らくやっと30度に届くかどうかだったと思いますが、

珍しく湿度が高かったのが体感気温を押し上げました。


 緑も濃くなり、花々も今を盛りとばかりに可憐な花弁を開いています。

下の花束は庭の内外に咲いていた花々を集めてみたもの。

一番後ろの花はキツネノテブクロ(foxglove)。ジギタリスとも呼ばれます。

花と種に毒を持つとは思わせない華やかで鮮やかなフーシャピンクの花が

この時期の野山に彩りを添えてくれます。

庭の花々

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真     
Posted on 2013/07/08 Mon. 05:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

シャクナゲとブルーベル 

 イギリスでは春の花ブルーベルは4月下旬から5月中旬頃、

初夏の花シャクナゲは5月中旬から6月にかけて咲きますが、

今年はブルーベルの開花が遅かったおかげで

珍しいシャクナゲとブルーベルの共演を見ることができました。


ブルーベルの上に花開くシャクナゲ

ブルーベルとシャクナゲ



 個人的に見てきた限りの感想ですが、シャクナゲはイングランド南部よりも、

イングランド北部の庭で多く植えられているように見受けられます。

大きなものは2階建て建物の屋根を超えるような高さになり、

くす玉のような花が樹全体に咲く様子はなかなか見応えがあります。


 下の写真のシャクナゲは、英語では「フーシャ(fuchsia)」と呼ばれる色。

ピンク色寄りの赤い色がとても目に鮮やかです。

目に鮮やかな紅いシャクナゲ

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス  シャクナゲ   
Posted on 2013/06/02 Sun. 05:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

春の小径 

 初春から咲き始める水仙はイギリスでは春の花として親しまれているのでしょう、

庭だけでなく人家近くの道沿いなどあちこちに植えられていますが、

見かける水仙の種類も大変豊富です。


 一番一般的なのは全体が黄色い水仙ですが、中心部分が一重のものや八重のもの、

ミニチュア品種の小型のもの、花自体が黄色ではなく白いもの、中心が温かみのある橙色のものなど、

少しづつ違うバラエティに気を留めながら眺めるのも楽しいものです。


水仙の咲く春の小径

水仙の咲く春の小径



 2月あたりからスーパーなどでも水仙の花がまだしっかりと閉じた蕾の状態の切花として

1ダース以上束になったものが、お安い値段で値段で沢山売られています。

暖かい室内で飾って花が次々にフワッフワッと開いていく様子を眺めていると、

外はまだ寒いのも忘れそうです。

category: 自然風景

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag:   水仙    湖水地方  写真  イギリス 
Posted on 2013/04/29 Mon. 18:09  edit  |  tb: 0   cm: 0