04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

英国の春の到来 

 3月に入ってしばらくぐずついた天気が続いた後に、

やっと暖かい日差しのもと、つぼみを膨らませてきていた水仙がやっと花開きました。


庭に春の彩りを添えてくれる水仙

英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然 冬



 気温はまだ15度程度で暖かいとは言えないので長袖に羽織ものは必要ですが、

優しい風が暖かい日差しに照らされてじりじりとする肌をすっと冷やしてくれるのが絶妙に心地よく、

いつまでも外にいたくなるような、心地のよい春の一日でした。


 牧場には子羊の姿もちらほら見え始めて、イギリスの春の到来です。
スポンサーサイト

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag:   イギリス  水仙    植生   
Posted on 2017/03/10 Fri. 10:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ブルーベルの季節 

 湖水地方でもブルーベルの花をあちこちで見かけるようになりました。

満開でも「咲き誇る」という形容は似合わないほど可憐な花をつけるブルーベル。

さんさんと日の当たるところよりは多少日陰になっているところを好むのか、

森林の下草として生えているのをよく見かけます。

道路からも気を付けて見てみると、ブルーベルの花々であちこちの地面に

うっすらと淡い群青色の霞がかかっているのが見られるので、

この季節に湖水地方を訪れる機会があれば気を付けて探してみてくださいね。


英国の春の風物、ブルーベルの花

湖水地方 ブルーベル 花 自然 英国 イギリス



 ブルーベルの花をよく見てみると、明るい青色の部分や紫の筋が混じって群青色の部分もあって

複雑な色が混ざり合ってあのブルーが出来上がっているのがわかります。

実はなかなか写真で再現するのが難しい色です…。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  イギリス    ブルーベル  自然   
Posted on 2015/05/12 Tue. 05:35  edit  |  tb: 0   cm: 4  

庭の秋明菊 

 10月に入ってから気温がまた一段と下がったようです。

今年は秋が短くて、一気に晩秋に気候が進んだようにさえ感じられますが、

日本の陽気に関するニュースを読むと、イギリス湖水地方だけに限った話でもないかもしれません。

 英国と日本、遠く離れているものの、同じ北半球に位置する国として、

大まかな気候の流れや天候が同期しているようです。

地球規模での気候の変動の影響が同じように現れているということでしょう。


 ピンク色の花は秋明菊(シュウメイギク)。英語ではジャパニーズ・アネモネと呼ばれるそうです。

先日イギリス人の友人に、日本人の住む家の庭にぴったりね、と言われて初めて知りました。

もうほとんど散ってしまったものの、丸く膨らんだ花芯が可愛らしい姿を見せています。

湖水地方 イギリス 自然 秋 秋明菊

category: 自然風景

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真      秋明菊  紅葉 
Posted on 2014/10/08 Wed. 21:46  edit  |  tb: 0   cm: 4  

華やかなシャクナゲの花々 

 昨年6月の「ムンカスター城(Muncaster Castle)」の記事でも取り上げましたが、

イングランド北部のカントリーハウスの庭にはよくシャクナゲが植えられているのを見かけます。

美しい花が好まれるという以外にも、雨の多い比較的湿潤な気候がシャクナゲの木に合うようです。

昨年は春の訪れが遅くてシャクナゲの開花が6月にずれ込みましたが、

今年は例年並みに5月中に見頃を迎えました。


 写真は5月中旬にグレースウェイト(Graythwaite)というカントリーハウスの庭で撮影したもの。

様々な色の華やかなシャクナゲの花が咲き乱れる中に佇んでいると、

それこそどこかの秘密の花園にいるような錯覚を覚えます。


色とりどりのシャクナゲの咲き乱れる庭

イギリス 湖水地方 シャクナゲ 庭 花



どれほど古い木なのでしょうか、シャクナゲの大木が上から下まで一面に花々で覆われている様子は

実に美しく、見応えがあります。

優しいピンクの花が満開のシャクナゲの大木

イギリス 湖水地方 シャクナゲ 大木



この日は晴れたり曇ったり、イギリス湖水地方特有の安定しないお天気でしたが、

季節が移るにつれて、気温が少しずつでも着実に上がっていっているのを感じます。

category: カントリー・ハウス

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真    シャクナゲ    初夏 
Posted on 2014/05/28 Wed. 21:08  edit  |  tb: 0   cm: 2  

春のウィンダミア湖畔 

 4月の上旬に書いた前回の記事から2週間の間に、日中の気温も随分上がってきました。

今年のイースター休暇だった(イースターの時期は毎年変わります)4月18日から22日の間は

湖水地方は青空が広がる良い天気に恵まれて、春を満喫することができました。


 午前中の爽やかな空気の中、ウィンダミア湖畔を散歩すると、

二週間ほど前には見かけなかった春の息吹をあちこちに見かけます。

 
 植物の詳しい名前は分かりませんが…、

この時期になると群生して地面に白いカーペットを広げてくれる可憐な白い花。



 木々も銀色の産毛に包まれた若葉を枝先に膨らませて、

木の葉ながらも「花開く」と言いたくなるような風情があります。



 太陽の明るい日差しをそのまま溜め込んで凝縮したような、

目を細めて見たくなるほど鮮やかな黄色の花を咲かせるこの植物は、

水際や湿地帯によく見かけるもの。



 しばらく植物の写真が続いてしまったので、次回は久々に風景写真を載せたいと思います。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  イギリス  ウィンダミア湖     
Posted on 2014/04/24 Thu. 03:39  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。