05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

子羊と共に春の訪れ 

 毎日少しずつ日が長くなり、日中の気温もだんだんと春めいてきて、春の訪れを実感する今日この頃です。

湖水地方の農家は今は羊の出産シーズンでとても忙しい時期。

いかにも生まれたばかりの小さな子羊が牧場を駆け回っているのを眺めていると

あっという間に時間が経ってしまいます。


傾く日差しの下でくつろぐ羊の親子

子羊 春 羊 英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然



 イギリスでは、キリスト教の感謝祭(イースター)と同じころに生まれてくる子羊は

春の訪れのシンボルのようにも扱われていて、

スプリング・ラム(Spring Lamb)と呼ばれて親しまれています。


 湖水地方ではハードウィック(Heardwick)という、

寒冷な山岳地帯での放牧に適した羊が多く放牧されており、

この種類の羊は今からもう少し後、4月から5月にかけて出産時期を迎えるそうなので、

これからしばらくはかわいらしい子羊が牧場を駆け回る風景を見られることになります。
スポンサーサイト

category: 自然風景

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 子羊      湖水地方 
Posted on 2017/03/26 Sun. 15:06  edit  |  tb: 0   cm: 3  

ブラック・クーム山へ元旦登山 

 また新しい年が明け、2017年が始まりました。

このブログは相変わらず不定期更新で続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします(笑。


 今年の元旦は青空の晴れ渡る素晴らしい晴天に恵まれたので、

湖水地方西部のブラック・クーム山(Black Combe)に登りに行きました。

ブラック・クーム山は、晴天時にはマン島はもちろん、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと、

英国の全国家(英語ではNation)を山頂から眺めることができることで有名です。

この日はウェールズと北アイルランドは見えなかったものの、

晴天下で実に気持ちの良い登山を楽しむことができました。


 緯度の高い英国内でもさらに北西部に位置する湖水地方では、

真冬には2時半を過ぎると日が傾いてきて、3時半には夕方のような暗さになります。

下山時には午後半ばにも関わらず、傾いた太陽の照らすドラマティックな風景を楽しむことができました。


ブラック・クーム山(Black Combe)中腹から望む湖水地方西部海岸線

英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然 冬 海岸線 夕日



アイリッシュ海(Irish Sea)に沈む元旦の夕日と

英国 イギリス 湖水地方 雄大 風景 自然 シルエット 海 夕日 犬



 話が変わりますが、何年か前にカナダのウィスラー(Whistler、過去に冬季オリンピックが開催された)

にスキー休暇に行った際、「ブラック・クーム」と名付けられた上級者向けスロープがありました。

ウィスラーはカナダ西部、ブリティッシュ・コロンビアと呼ばれる州にあるので

英国の影響の残る地名が多く使われていますが、

ブラック・クーム山は湖水地方の中でもどちらかといえば知名度の低い山なので、

スキースロープに名前を付けた人はもしかすると湖水地方西部にゆかりのある人なのかも、

と滑りながら思いを巡らせたのを覚えています。

category: ブラック・クーム山

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  ブラック・クーム山    夕日  元旦 
Posted on 2017/01/09 Mon. 17:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

本の表紙になりました  

 手違いで前々回の投稿が消えてしまったので(汗、、、再投稿です。

-------------------------------

 今回はお知らせです。

 冬のターン・ハウズ湖で撮った写真の一枚が、友人が出版した本の表紙になりました。

本 表紙 写真 イギリス 湖水地方 ターン・ハウズ湖


 普通の写真のサイズと異なる特殊な縦横比なため、写真の切り出しに少々苦労しましたが、

色々と調整した結果、友人がイメージした通りの表紙になったようで、安心しています。


 私が撮った写真も世の中のどこかで印刷されていたり、

オンラインで使われていたりするのは知っていても、

実際に印刷された媒体を目の前に見るのは今回が初めて。

著者のサイン入りの本が自宅に届いた時には素直に嬉しかったです。

category: ターン・ハウズ湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  ターン・ハウズ    表紙 
Posted on 2016/09/28 Wed. 09:33  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ブラック・セイル小屋を目指して 

 英国も日本と同じく7月下旬から8月一杯は学校が夏休み。

行楽地の一つである湖水地方でも普段より車の交通量も増え、

あちこちで子供を連れた家族連れが観光やハイキングを楽しんでいます。


 そんな観光ハイシーズンでも観光客が少ないのが、湖水地方西部、

特にエナデール湖(Ennerdale Water)から湖水地方中心部にかけて広がる

エナデールの森(Ennerdale Forest)の一帯。

湖水地方の中でも人の手が入らない雄大な自然が広がる場所として知られています。


 そのエナデールの森の一番奥に位置するのが、ブラック・セイル小屋(Black Sail Hut)。

たどり着くのが結構大変なことでよく知られているユース・ホステルです(笑。

ユース・ホステルなので宿泊可能ですし、セルフサービスのお茶(有料)を頂くこともできます。


ブラック・セイルYHAのロケーション

英国 イギリス 湖水地方 エナデール 風景 自然  夏



 下の写真は、エナデール湖から出発してブラック・セイルを目指している道中の一風景。

写真上部中央にそそり立つ、特徴のある山はピラー(Pillar)と呼ばれ、

その険しい岩肌は19世紀の後半まで登山者を寄せ付けなかったほど。


エナデールの森から見上げるピラー(Pillar)

英国 イギリス 湖水地方 エナデール 風景 自然  夏



 湖水地方の他のエリアと比べても遅咲きのヘザーが

あちこちの斜面をうっすらと紫色に染めていました。

雲や霧がかかることの多いピラー山頂とその周辺の山々ですが、

この日は良いお天気のおかげでクリアに見ることができました。

category: 山岳写真

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  エナデール湖  ブラック・セイル  山岳風景      ヘザー  ピラー 
Posted on 2016/08/20 Sat. 14:52  edit  |  tb: 0   cm: 0  

冬の陰影 

 湖水地方にはその名の示す通り、数多くの湖がありますが、

地図にもその名前が載っていないような小さな湖も沢山あります。


 写真の湖もそんな湖の一つ。ターン・ハウズ湖の北にあって、

そのサイズゆえに今まであまり気に留めたこともなかった湖ですが、

小さいなりにも周辺の山の水を集め、さらにここから小さな川が流れ出していました。


鉛色の空の下の冬景色

英国 イギリス 湖水地方 ターン・ハウズ 湖 風景 自然  冬


英国 イギリス 湖水地方 ターン・ハウズ 湖 風景 自然  冬



 これからも決してガイドブックに載るようなことはないと思われるロケーションですが、

逆にそのひっそりとしたたたずまいが私好みで(笑、

曇り空の下の周囲の陰影勝ちな風景も印象深く、

春夏にまた訪れたい場所です。

category: ターン・ハウズ湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag:       湖水地方 
Posted on 2016/03/13 Sun. 00:22  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。