FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

移り変わる風景 ~ コニストン湖 

 湖水地方の地図を見てみるとよくわかりますが、

イギリス湖水地方の湖の多くは細長い形をしています。

代表的なのがウィンダミア湖で、南北に引っ張られたように細長い湖です。


 コニストン湖も同様に南北に細長く、湖の西岸あるいは東岸から対岸の様子がよく見えて、

移動するにつれて背景の山々と共に対岸の景色が変化していく様子が見ていて飽きません。


対岸のボートハウスに一瞬差した光

英国 イギリス 湖水地方 風景 自然 コニストン湖



 写真はコニストン湖南東のドッジソン(?)の森(Dodgson Wood)から

さらに小高い丘を登ったところからの風景です。

高度が高くなるにつれて背景の山々があらわれてきたり、

強風に流される雲のお陰で目まぐるしく移っていく晴れ間がスポットライトのようで、

帽子を風に飛ばされそうになったりしながらも、

顔を上げる度に違う風景が目の前に広がる様子を楽しみました。

category: コニストン湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  コニストン湖    風景 
Posted on 2015/05/25 Mon. 06:40  edit  |  tb: 0   cm: 0  

夏のウィンダミア湖クルーズ 

  湖水地方には沢山のフットパス(散策道)があって、どこを歩こうか迷ってしまう位ですが、

たまには趣向を変えて湖上をのんびりとクルーズするのもお勧めです。

道路や岸部からはなかなか見られない風景を船上から楽しむことができます。


 写真は夏の夕べにウィンダミア湖上のクルーズ船から撮影したもの。

日の長い夏場、夜9時近くの夕暮れと湖水地方中心部の山々の独特なシルエットを

何もさえぎるもののない湖上からゆっくりと楽しむことができました。


ウィンダミア湖からのラングデールとその周辺の山々の眺め

湖水地方 ウィンダミア湖 湖 風景 山 夏 ヨット



 クルーズのチケットは、ビュッフェスタイルの食事と生演奏がついたプランや

他の観光施設の入場券がついて割引になった便利なものなど、色々あるので、

観光のスケジュールに合わせて検討してみてみてください。


 ・ウィンダミア湖クルーズの詳細はこちらから↓(日本語の案内リーフレットも有り)。
   www.windermere-lakecruises.co.uk

category: ウィンダミア湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  イギリス  ウィンダミア湖    写真 
Posted on 2015/05/08 Fri. 04:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雨間のコニストン湖 

 日本はゴールデンウイークで旅行に出かけた方も多いでしょうが、英国も㋄㏤はメーデーで休日。

英国では数少ない連休を精一杯楽しもうと遠出する人が多く、

湖水地方でも普段よりも一層多くの車やキャンパーバンが見られます。


 あいにくこの10日ほどは雨の多いぐずついた天気続きで最低気温も5℃を切る日もあり、

遠方から湖水地方を訪れた人々にはがっかりなお天気かもしれませんが、

湖水地方では「きちんとした装備があれば天気が悪いなんて関係ない」とよく言われる通り、

(原語では"There is no bad weather, just bad clothes.")

変わりやすい天気に備えて防水ジャケットを常に携帯しておけば安心です。


 写真はコニストン湖南西に位置するビーコン(Beacon Fell)と呼ばれる小山の麓からの

コニストン湖の眺めですが、登り始めた時には気持ちの良い青空だったのに、

山頂に到着したころには分厚い雲がかかって、下山する間に雨に降られてしまいました。

それでもたまに雲間からさす日差しに照らされた、雨に洗われた新緑の風景は美しかったです。


新緑で縁取られたコニストン湖

湖水地方 イギリス コニストン コニストン湖 湖 春



 湖水地方はイングランドの中でも雨が多いことで有名なエリアですから、

観光の際にはどんな天気でもその折々の風情を楽しむ気持ちの余裕があれば、

滞在も一層楽しめることでしょう。

category: コニストン湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス  コニストン湖   
Posted on 2015/05/06 Wed. 04:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

イチイの実 

 私が歩く森ではあちこちにイチイの木の大木を見かけます。

日があまり差さない場所でも丈夫に育つこともあり、

常緑樹であるイチイの木の下は尚更鬱蒼と暗いことが多いですが、

入り組んで広がる枝は色々な動物の格好の隠れ家となっている様子。

フクロウが休んでいたり、樹の根元でシカが夜を越した痕跡があったりします。


 秋になるとイチイの木には目立たないながらも綺麗な赤い実が沢山なります。

たまに枝を通して射し込む日の光を透かす、実の瑞々しい様はまるで赤い宝石のよう。

まだ何の木か知らなかった頃、その瑞々しい様に思わず赤くて柔らかい果肉をかじってみたら、

ほんのりと甘いジェリーのようでした。


青空に映えるイチイの赤い実

湖水地方 イギリス イチイ 実 秋



 ちなみに、イチイの木は英語でYew (「ユー」と発音)と呼ばれます。

 なお、赤い果肉は食用になるようですが、中に含まれる種子は有毒成分を含むので、

口にする際には注意してくださいね。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス      イチイ   
Posted on 2014/11/03 Mon. 02:57  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ブラック・クーム山から眺めるアイリッシュ海 

 イギリス湖水地方国立公園の南西に位置するブラック・クーム山(Black Combe)は、

湖水地方内の他の山々に較べて見過ごされることの多い山かもしれません。

しかし、見晴らしの良い日には山頂からスコットランド、マン島、それから

ウェールズはスノードン山(Snowdon)を一望できることで知られています。


 比較的なだらかな勾配が続く山道を、私は一度犬の散歩がてら、

何の装備も持たないまま、意図せず山頂まで登ってしまったこともありますが(笑、

他の山々に比べて比較的登りやすい山と言えるかもしれません。


 とは言うものの、山頂付近の天気は大変変わりやすく、天気によっては大変風も強いので、

訪れる際には当然それなりの装備をしていくことをお勧めします。


 写真は山頂付近から眺めたアイリッシュ海(Irish Sea)。

右下に見える小さな影は登山者のシルエットです。


ブラック・クーム山から見た、アイリッシュ海に映る日差し

湖水地方 風景 イギリス ブラック・クーム



 知名度が低いと言っても、山頂から眺める景色の美しさと雄大さは他の山々に劣りませんし、

海と広大な水平線をその景色の中に含む数少ない山の一つとして特記されるべきでしょう。

 実は個人的に密かに愛着のある山でもあります…。

category: 山岳写真

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  イギリス    ブラック・クーム 
Posted on 2014/10/25 Sat. 04:27  edit  |  tb: 0   cm: 2