08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10


海外ホテルの検索・予約ならエクスペディア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

子羊と共に春の訪れ 

 毎日少しずつ日が長くなり、日中の気温もだんだんと春めいてきて、春の訪れを実感する今日この頃です。

湖水地方の農家は今は羊の出産シーズンでとても忙しい時期。

いかにも生まれたばかりの小さな子羊が牧場を駆け回っているのを眺めていると

あっという間に時間が経ってしまいます。


傾く日差しの下でくつろぐ羊の親子

子羊 春 羊 英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然



 イギリスでは、キリスト教の感謝祭(イースター)と同じころに生まれてくる子羊は

春の訪れのシンボルのようにも扱われていて、

スプリング・ラム(Spring Lamb)と呼ばれて親しまれています。


 湖水地方ではハードウィック(Heardwick)という、

寒冷な山岳地帯での放牧に適した羊が多く放牧されており、

この種類の羊は今からもう少し後、4月から5月にかけて出産時期を迎えるそうなので、

これからしばらくはかわいらしい子羊が牧場を駆け回る風景を見られることになります。
スポンサーサイト

category: 自然風景

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 子羊      湖水地方 
Posted on 2017/03/26 Sun. 15:06  edit  |  tb: 0   cm: 4  

英国の春の到来 

 3月に入ってしばらくぐずついた天気が続いた後に、

やっと暖かい日差しのもと、つぼみを膨らませてきていた水仙がやっと花開きました。


庭に春の彩りを添えてくれる水仙

英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然 冬



 気温はまだ15度程度で暖かいとは言えないので長袖に羽織ものは必要ですが、

優しい風が暖かい日差しに照らされてじりじりとする肌をすっと冷やしてくれるのが絶妙に心地よく、

いつまでも外にいたくなるような、心地のよい春の一日でした。


 牧場には子羊の姿もちらほら見え始めて、イギリスの春の到来です。

category: 植物・植生

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag:   イギリス  水仙    植生   
Posted on 2017/03/10 Fri. 10:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

薄暗い冬の日々 

 この時期に三寒四温とはよく言ったもので、

イギリス湖水地方でも気温が緩んできたかと思うとまた冷え込んだり、という天気が続いています。

先週は時速40マイル(65km)を超える強風がうなる日が続き、

夜中に風が吹き下ろす音で目が覚めるほどでした。


 下の写真は厚い雲の下、日中も薄暗い冬の日に湖水地方西部で撮影したものです。

湖水地方一帯は氷河によって削られてできた地形で、

えぐられた岩や山肌が荒々しく独特な表情を見せる場所をたまに見かけますが、

ここもそんな場所の一つ。

ガイドブックに載っていないのはもちろん、地元の人々もあまり訪れないようなロケーションです(笑。


暗雲の下、奇岩が連なる独特の風景

英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然 冬



 奇岩が連なる向こうに見えるのはアイリッシュ海。

水平線上のマッチ棒のように見えるのは、遠浅が続く海岸線に建設されている風力発電用の風車です。

category: 山岳写真

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 奇岩    風景  湖水地方アイリッシュ海 
Posted on 2017/02/20 Mon. 11:26  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ブラック・クーム山へ元旦登山 

 また新しい年が明け、2017年が始まりました。

このブログは相変わらず不定期更新で続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします(笑。


 今年の元旦は青空の晴れ渡る素晴らしい晴天に恵まれたので、

湖水地方西部のブラック・クーム山(Black Combe)に登りに行きました。

ブラック・クーム山は、晴天時にはマン島はもちろん、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと、

英国の全国家(英語ではNation)を山頂から眺めることができることで有名です。

この日はウェールズと北アイルランドは見えなかったものの、

晴天下で実に気持ちの良い登山を楽しむことができました。


 緯度の高い英国内でもさらに北西部に位置する湖水地方では、

真冬には2時半を過ぎると日が傾いてきて、3時半には夕方のような暗さになります。

下山時には午後半ばにも関わらず、傾いた太陽の照らすドラマティックな風景を楽しむことができました。


ブラック・クーム山(Black Combe)中腹から望む湖水地方西部海岸線

英国 イギリス 湖水地方 風景 雄大 自然 冬 海岸線 夕日



アイリッシュ海(Irish Sea)に沈む元旦の夕日と

英国 イギリス 湖水地方 雄大 風景 自然 シルエット 海 夕日 犬



 話が変わりますが、何年か前にカナダのウィスラー(Whistler、過去に冬季オリンピックが開催された)

にスキー休暇に行った際、「ブラック・クーム」と名付けられた上級者向けスロープがありました。

ウィスラーはカナダ西部、ブリティッシュ・コロンビアと呼ばれる州にあるので

英国の影響の残る地名が多く使われていますが、

ブラック・クーム山は湖水地方の中でもどちらかといえば知名度の低い山なので、

スキースロープに名前を付けた人はもしかすると湖水地方西部にゆかりのある人なのかも、

と滑りながら思いを巡らせたのを覚えています。

category: ブラック・クーム山

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  写真  ブラック・クーム山    夕日  元旦 
Posted on 2017/01/09 Mon. 17:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

本の表紙になりました  

 手違いで前々回の投稿が消えてしまったので(汗、、、再投稿です。

-------------------------------

 今回はお知らせです。

 冬のターン・ハウズ湖で撮った写真の一枚が、友人が出版した本の表紙になりました。

本 表紙 写真 イギリス 湖水地方 ターン・ハウズ湖


 普通の写真のサイズと異なる特殊な縦横比なため、写真の切り出しに少々苦労しましたが、

色々と調整した結果、友人がイメージした通りの表紙になったようで、安心しています。


 私が撮った写真も世の中のどこかで印刷されていたり、

オンラインで使われていたりするのは知っていても、

実際に印刷された媒体を目の前に見るのは今回が初めて。

著者のサイン入りの本が自宅に届いた時には素直に嬉しかったです。

category: ターン・ハウズ湖

thread: イギリス

janre: 海外情報

tag: 湖水地方  ターン・ハウズ    表紙 
Posted on 2016/09/28 Wed. 09:33  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。